北十勝ファームは、十勝平野の北部にある足寄町(あしょろちょう)を本拠地として短角和牛(または短角牛)を放牧飼育しています。国産飼料99%以上、天然湧水の利用、地域循環農業への取り組みなどのこだわりを通して、食べたとたんに笑顔になる美味しいお肉を消費者の皆様にお届けします。
もっと詳しく     北十勝ファームのNew Webサイトがオープンしました

新人ファーマーから実家のお母さんへ

2009年に北十勝ファームに就職した中村梢が、実家のお母さんへ向けて農場の日々を綴ります。

はなあかりちゃんを食べた…!

DSC_1403.JPG DSC_1406.JPG

2月21日に、圭豊くんの誕生日会もかねて、
『はなあかりちゃんを食べる会』を開催しました (*^▽^)

(はなあかりちゃんは私の繁殖牛「はなゆき」の2産目の子です。)

いつもお世話になっている会社のスタッフ全員と、
畜産界では有名な木村先生、飼料メーカーの青山さんの8人でのディナー。

会場は、地元足寄にある「ヒツジ堂」にお願いしました。
ヒツジ堂さんでは、うちのお肉をいつも使っていただいていて、
その感謝も込めて会場とさせていただきました |*´・ω・`)ノ

ヒツジ堂では足寄産の食材を多く取り入れていて、、
メニューの中からランダムに注文したのですが、どれも美味しい!!

そしてメインに、はなあかりちゃんのお肉が2品登場 o(≧v≦o●)
写真参照。
どちらもウチモモという部位なのですが料理でこんなに変わるとは、、
すごいです。

お肉が薄い方の写真がヒツジ堂で普段から提供している「短角牛のタリアータ」。
ジューシーでした。
「はなあかりちゃん美味しいよー!!」と心の中で叫びました。

かたまりのお肉の方は、今回特別に作っていただきました。
こちらは噛めば噛むほど味が出てくるような、、
飲み込めない!
もったいない!!
「はなあかりちゃんっ。あなたはなんて素敵な子なのっ。」としみじみ。

この気持ちはどこに放出すればいいのだろうか。。
もう、幸せいっぱいでした… 。o゜(p´□`q)゜o。
(シェフの伊藤さん、ありがとうございました!)

はなあかりちゃんには私にたくさんの思い出をくれたことへの感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に、本当に、ありがとう。

会社で飼育している牛全頭をこれだけの愛情を注げるかといったらできないかもしれませんが、
どの子も大切に育ててあげたいなと改めて思いました。

初心にかえって、もっと牛のことを勉強して、
牛も人も幸せになる牧場になれるよう、これからも努力していきますっ! (*`・ω・)ゞ

2017 年 2 月 24 日    梢